ブログトップ
rainbowegg.exblog.jp
カテゴリ:つれづれ( 44 )
スケッチ遠足のオススメグッズ

今週末、11/12(日)にせまりましたスケッチ遠足@東浦和

寒さも気になるこの時期、野外で座って過ごすときにあると便利なグッズを少しご紹介します。
主に冷え対策ですが、心地よく制作に臨みたいものですよね^^

グッズと言っても100円ショップで揃う手軽なものばかりですので、参加される方はぜひご参照ください♪
本格的なアウトドアグッズがある方は、そちらを使っていただくといいと思います。



手首ウォーマー。
f0224207_23290954.jpg
手袋と違って作業がしやすいので、冷えが気になる方にはオススメです。
親指を通さず手首にしているだけでも、かなり違います。

暖かさにはかけますが、夏用の日焼けガードの腕カバーも薄手なので邪魔にならずよさそうです。



踏み台をイスのかわりに。
f0224207_23291320.jpg
折りたたみの踏み台です。
かさばらず、持ち運びもしやすいのでグッド。
小さいので女性やお子さん向けかな。

野外で地べたに座るとヒタヒタとお尻が冷えたり、足が痺れたりするので、そういうのが気になる方には敷物+イスがおすすめです。



断熱マット。
f0224207_23290556.jpg
あるいは、防音マットなど。
これもお尻に敷いて使います。座布団代わりですね。
軽くて暖かいので、布や綿よりも便利です。

発泡スチロール的な素材で、手ごろなサイズと厚みのものが、100円ショップには何かしらあると思います。
私は「コレ+踏み台イス」で快適に過ごしております^^



お天気も気になりますね~
ステキな気候に恵まれますように。
照る照る坊主でのご協力もよろしくお願いいたします!

ではでは、また!



スケッチ遠足、まだお申込いただけます♪
秋のお散歩と水彩スケッチを一緒に楽しみませんか?

11/12(日) 10:00~14:30くらい
【ただいま残席3】

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼


※さいたまの史跡・見沼通船堀についてはコチラの記事でご紹介しています



◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎みんなで人体クロッキーの会@四ツ谷
 11/19(日) 9:30-12:30

 参加者全員で交代してモデル(着衣)を
 つとめながら、人のからだ全身を
 たくさん描いていきます。


▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





















[PR]
by nijiironijiiro | 2017-11-08 23:59 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
通船堀のほとりから 11月
f0224207_15475245.jpg
11月に入り、おだやかなお天気が多くて本当にうれしいです。
雨も天の恵みですけれど、お日様の光ってしみじみとありがたいですねぇ^^

さて、今週日曜日はいよいよスケッチ遠足!
遠足の舞台、見沼通船堀公園~芝川のほとりの秋の様子をおとどけします。

f0224207_15474217.jpg
↑ ↑ ↑
秋の光が溢れて、秋の色合いがより引き立ちます。


f0224207_15474854.jpg
↑ ↑ ↑
・堀の土手部分、草が枯れ色になってグッと気温の変化を感じます。
・こちらも土手部分が茶色い。台風の影響でなぎ倒された草も沢山。そして秋の光。
・平らになった土の部分をみてみると、ぴょっこり新芽が芽吹いています。可憐な姿ながら、逞しや!


f0224207_15473774.jpg
↑ ↑ ↑
これまでのスケッチ遠足で描いたあたり。


f0224207_15473206.jpg
↑ ↑ ↑
・樹のくぼみに、ミステリーなマイマイ。
・ナガコガネグモのお姉様(と思わす呼んでしまう私。だってステキなんですもの!)。本当にお美しい色!台風直後はお見かけしなかったので、お会いできて安堵いたしました^^
・カワセミ!!!丸で囲ってあるところに僅かに美しい青が写っています。。私の古いスマホカメラではこれが限界でした^^;最初は手前の排水溝に留っていて、至近距離での遭遇に興奮しました。


f0224207_15472622.jpg
↑ ↑ ↑
田んぼの様子。
・刈り取ったあとに伸びる稲を「ひつじ」って呼ぶらしいです。かわいいね。
・モネ心をくすぐる、藁ぼっち。
・はさ掛けしているものも、まだありました。


f0224207_15472175.jpg
はー、本当にステキな季節になったな~!
ここにみなさまをお連れできるうえに、一緒に絵が描けるヨロコビたるや、、!
スケッチ遠足が楽しみすぎます^^

いいお天気に恵まれますように◎


スケッチ遠足、まだお申込いただけます♪
秋のお散歩と水彩スケッチを一緒に楽しみませんか?

11/12(日) 10:00~14:30くらい
【ただいま残席4】

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼


※さいたまの史跡・見沼通船堀についてはコチラの記事でご紹介しています。

※毎回とっても楽しい♡スケッチ遠足についてはコチラからご覧ください。



ではでは、また!



◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎みんなで人体クロッキーの会@四ツ谷
 11/19(日) 9:30-12:30

 参加者全員で交代してモデル(着衣)を
 つとめながら、人のからだ全身を
 たくさん描いていきます。


▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆























More
[PR]
by nijiironijiiro | 2017-11-07 13:12 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
好きなモノの話をしている人 #好きなモノの話をしよう
好きなモノについて話すのって楽しいですよね。私も大好きです♩
そして、好きなモノについて話してる人の話を聞いたり、見るのも大好き。そういう様子の人ってふんわり光っているように感じます。幸せの放つ光なのでしょうね(^-^)

みんなで #好きなモノの話をしよう ♡
今日は「好きなモノの話をしている人」のこと。

昨日、とてもよいひとときを過ごしました。
雰囲気のよい場所で、楽しい会話が心置きなくできる感じで、とても幸せでした^^

そんな中で、好きなモノの話をしたり、聞いたりしたんですが、帰り道にふと思ったんです。

好きなモノの話をしている人の表情って、カリン様みたいだな~って。

↓カリン様↓
f0224207_13151802.jpg

カリン様とは、漫画ドラゴンボールに出てくる仙人様。なぜか白い猫なんですけど、とってもキュートで忘れられないキャラクター(笑)

f0224207_13152146.jpg

なんかね~
目が細くなってる感じで
コケシとかとはちがう
ふわふわ、ふくふくした感じ。。
と申しましょうか。

冒頭にも書いているような「好きなモノの話をする人の、ほんのり光ってる感じ」って、こういう目を細めた猫みたいな「いい感じの脱力感」と「その人にとってのよろこび」が合わさってできるのかも。

逆に、堅い話やきちんと説明しようとするときって、目をぱっちり見開いて、目でも訴えかける感じですよね。目の光が強いというか。


ぱっちりくっきりな表情も、
ほんのり光る脱力な表情も、
どちらもそれぞれ魅力的で、違った輝き。


ときには曇った表情もあるけれど、
いろんな表情をたたえて生きていくんだな。

ほかの誰かにも、いろんな表情があるってことも
すごく大切なんだな。

そんなことを思いました。^^



昨日のステキなひとときを過ごした場所は、以前にもご紹介した「ことほぎラジオ」の公開収録現場です。
12話完結の最終話(!)の収録に、総勢7名のリスナーさんが居合わせて収録の空間を彩りました^^
カリン様のような表情の方が続出!、、というか、全員そんなカオでしたよ(笑)

今回もちょろりとお話に参加させていただいています。私の声も番組に出演するかもしれません。
f0224207_13152505.jpg
↑お土産でいただいた「ことほぎ研究室カンバッヂ」と、収録現場を見守るカバとマスターのようす。


ことほぎラジオ、第12話は11/4の満月の日に配信です。
こちらのページから聴いてみてね^^
過去の配信もすべてアーカイブされています。
↓ ↓ ↓ ↓


ことほぎ研究室のせいこさん、けいさん、
いっしょに過ごした皆様、
どうもありがとうございました^^

ではでは、また!



◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎スケッチ遠足@東浦和
 11/12(日) 10:00~14:30くらい

 毎回とっても楽しい♡
 自然に触れて絵を描くひとときです。

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎みんなで人体クロッキーの会@四ツ谷
 11/19(日) 9:30-12:30

 参加者全員で交代してモデル(着衣)を
 つとめながら、人のからだ全身を
 たくさん描いていきます。


▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





















[PR]
by nijiironijiiro | 2017-10-28 13:33 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
出会う、触れる、知る、観る、感じる、、受け取るよろこび
美術館や博物館の展覧会に行くとき、みなさんは予習して臨みますか?

私は近年、そういう下調べ的なことはあまりしなくなりました。
未体験のものにはじめて出会うひとときを、より鮮やかに味わいたいと思うからです。
下調べをしっかりして「よし、ここの部分をよくみて来よう」みたいな目的意識があまりにはっきりしてしまうと、焦点がそこに合ってしまうがゆえに見逃してしまう「些細な発見」や「小さな感」動が、どうもあるみたいなんですよね。

展示物や作品には何度でも出会えるけれど、初めてならではの観察力を活かして目一杯そいつを味わう楽しさたるや。
これはなにものにもかえがたい、大きなよろこびだなぁと感じております。

そういうのを存分楽しんだあとに、改めて展示の解説パネルをシッカリ読んで「なるほど~、こういう時代だったのか」などの史実を理解しながら展覧会をもう一周すると、同じ会場なのにまったく違ったものに感じられることもしばしば。一粒で二度美味しいんですよね。
下調べしようとしていたことを二周目でやってるってことなのかな。
現地調達感もなんだかよくて、一人で観る時はこの「二段アタック鑑賞」を楽しんでいます。



以前は、私もけっこうきっちり調べていく派だったんですよ。
みるものをあますところなく知りたかった。学びたかった。
いろんなものをガッチリと吸収したい、血肉にしたい、みたいな気持ちを満たしながら、出会うよろこびを感じていたんだと思います。

いまは、もうちょっとゆるい感じで、楽しみベースになったのかな。

もちろんおおまかなアタリはつけられているというか、そもそもそこへ行こうとしている時点で予備知識が少しはあるわけで。
とくに美術に関しては学んできているので、多少の基礎知識・素地があって「まったくのまっさらに初めて聞いた~!」とはならないことも多いです。
それでもやっぱり、
その展覧会場にははじめて足を運ぶし、作家の名前は知っていても作品ははじめてみたとか、全く知らなかった時代や作家、作品にはじめて出会うこともたくさんあるので、そういう「はじめて」ならではの楽しみ方を大事にしたいと思うようになりました。


もうちょっとつっこんで言うと、
そういう「はじめて」を受け取ったときに、自分にどういう反応がおこるのか、、というのを知るのも面白いです。
作品の素材やモチーフをダイレクトに感じられるし、作品をきっかけに出てくる感覚や感情、記憶、などなどを感知しやすいんです。
遠藤克利展の感想でも少し触れましたが、自分と出会いなおすようなひとときです。
そうなると、もはや作品そのものを観るというよりは、自分自身の輪郭を辿りなおす旅のような感覚になります。作者の意図とか史実とか、そういうものはすべて消し飛んで、極めて個人的な体験になるんですよね。

以前はこういう勝手な見方ってちょっと幼稚?作品に失礼?みたいに思わないでもなかったけれど、
年齢を重ね、人の視点の多様性を知るにつれて、この「勝手な見方」ってごくごく自然なことでとても豊かなことなんだな~って思うようになりました。

それで、史実などの知識はこの豊かなひとときを味わったあとで知ったらいいな、、と、一粒で二度美味しい「二段アタック鑑賞」になったんだと思います。



なんでこの話を書いているかというと、今度「運慶」展を観にいく予定なのですが、
「よーし、せっかくだし芸術新潮の運慶特集読もう、、」と書店に行ったら売り切れていて、そのときハタと気付いたんです。
なんかすごく久しぶりに下調べして展覧会に行こうとしてるわ~って。

それで、そういえばなんで最近は下調べしないで行くようになったんだろ?と思って今日のブログを書いてみました。


逆に、なんで今回は下調べしたくなったのか?というと、「仏像について熱く語れる友人Kちゃん」がすごく眩しかったからだと思います。
このKちゃんと一緒に展覧会に行く予定なので、Kちゃんのように「熱く」仏像に触れてみたかったんですよね~多分(笑)あはは。

この記事を書きながら、今回も下調べせずに臨んで「はじめて」を存分に味わいに行く感じでいいかな~って思いました^^
さらに、Kちゃんのガイドを聴いてみるのもいいかもしれない。いろいろ教えてもらおう!
芸術新潮が売り切れていてラッキーだったかも。


出会う、触れる、知る、観る、感じる、、受け取るよろこび。
これは人生における無形の栄養素ですねぇ。
旅をするように、いろんなカタチで感じていたいものです^^


↓東京国立博物館「運慶」 11/26まで↓

↓芸術新潮 2017年10月号 特集「オールアバウト運慶」↓


ではでは、また!


出会う、触れる、知る、観る、感じる、、受け取るよろこびMAXの、制作のひとときです^^
↓ ↓ ↓ ↓


◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎スケッチ遠足@東浦和
 11/12(日) 10:00~14:30くらい

 毎回とっても楽しい♡
 自然に触れて絵を描くひとときです。

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎みんなで人体クロッキーの会@四ツ谷
 11/19(日) 9:30-12:30

 参加者全員で交代してモデル(着衣)を
 つとめながら、人のからだ全身を
 たくさん描いていきます。


▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





















[PR]
by nijiironijiiro | 2017-10-17 20:20 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
憧れの、なべっこ遠足。
f0224207_21011313.jpg

急に寒くなりましたね。
あたたかい食べ物が恋しいわ、、と思って
ふと思い出した「なべっこ遠足」というワード。

ご存知ですか?「なべっこ遠足」って。
秋田に伝わる学校行事で、
グループごとに鍋の材料を持ち寄り、遠足に行った先で鍋を作って食べる、、というものなんだそう。

これ、デッサンの会の参加者で秋田出身の方がいらして、デッサン終了後みんなでランチしているときに教えていただいたんです。
みんな秋田県外の人ばかりだったので、秋田独自の行事に目を丸くして「めっちゃ楽しそう~!」って盛り上がりました^^

私は埼玉県で生まれ育ちまして、「芋煮会」っていう行事は何度か経験したことがありましたが、それも確か持久走大会と抱き合わせとかだったので、、
「鍋や食材をわざわざ遠足の地まで持って行って、ぐつぐつとみんなで食べる、なべっこ遠足」という行事に、いたく憧れを抱きましたよー。他県でも定着すると面白いのに!って^^



じつは、このときの会話が、去年の冬の初めに「スケッチ遠足」を急遽やることにしたきっかけなんです^^

お外でみんなで楽しく過ごしたい!って思っていたので、ああ、スケッチ遠足どうかな?って。

場所が火を起こすようなところではないので、鍋はできないけど。
お弁当を持って出かけていって、のんびり自然を楽しんで絵を描く。
描いたものや体験をみんなで分かち合う。
いいよね~絶対!!

このとき「なべっこ遠足」から触発されたナゾの瞬発力で、スケッチ遠足@東浦和を企画するにいたりました。

おかげさまで、過去二回ともステキなひとときを過ごすことができています。^^
あのときにお話してくださったSさん、その場で一緒に楽しくお話してくださった皆さんに、とっても感謝しております。

何気ない会話から、ちょっとおもしろいことが生まれるって楽しいな!


いつか「なべっこスケッチ遠足」というのもやってみたいです。
食い気に走って、スケッチどころじゃなくなっちゃうかな?(笑)



三回目のスケッチ遠足@東浦和が11/12にあります。
まだお席がございますので、よかったらぜひ^^


ではでは、また!



◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎スケッチ遠足@東浦和
 11/12(日) 10:00~14:30くらい

 毎回とっても楽しい♡
 自然に触れて絵を描くひとときです。

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎みんなで人体クロッキーの会@四ツ谷
 11/19(日) 9:30-12:30

 参加者全員で交代してモデル(着衣)を
 つとめながら、人のからだ全身を
 たくさん描いていきます。


▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





















[PR]
by nijiironijiiro | 2017-10-15 21:03 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
いまステキなオレンジ色
すばらしい季節がやってきましたね!
一歩外に出れば鮮やかな秋の色合いがたくさんで、うれしくなっちゃいます^^

わたしが近くでみつけた、自然のステキなオレンジ色をご紹介します。



f0224207_13034961.jpg

キバナコスモスにとまるツマグロヒョウモン。
お食事中だね^^

↓webからのキャプチャ。↓
f0224207_13033732.jpg
翅を閉じているところしか撮れなかったのですが、開くとこんなチョウチョ。
いまたくさん飛んでいるので、見かけることも多いと思います。オスとメスで模様が違います。
(出典:<蝶の写真館>より)

ひらひらと舞う姿はあでやかな着物を着たおじょうさん、、といった感じでなんだか目を奪われます。キレイだね!
秋の青空にもよく映えます^^

キバナコスモスのオレンジ色もキレイ^^



f0224207_13023452.jpg
カントウヨメナにとまるベニシジミ。
こちらもお食事中^^
さっきのツマグロヒョウモンはモンシロチョウよりちょい大きめで、こちらは半分以下の小さなチョウチョです。

↓こちらもwebからのキャプチャ。↓
f0224207_13023866.jpg
翅を閉じて、横から見たらこんな色合い。
チョウチョの翅って、拡げたときと閉じたときの表情の違いが面白いですよね。
は~、ステキ^^



f0224207_13030939.jpg
マリーゴールド。
花壇でおなじみですよね^^
まぶしくって元気になるオレンジ色!

若かりしころは、おばちゃんくさい花壇の定番、、とタカをくくっていたんですが(←何様?)、いやいやなかなかどうして美しい。
今は、鳥の羽のような葉っぱもあいまって、とってもステキだと感じます。



これは、キレイだけじゃなくてちょっと強面の、、
f0224207_13032562.jpg
赤いコーンで目印されている樹の幹にとまっているのは、スズメバチです。
近寄れないので遠巻きに写真を撮ったんですが、、白くなっているところの右側に何匹かいるのがわかりますか??
ほかにも蝶やアブ?の仲間が樹液を吸いに集まっていました。

↓webからのキャプチャ。↓
f0224207_13033256.jpg
いやあ、悪そうな強そうなカオしてますね(笑)
オレンジ色もこげ茶色もとても美しいですが、この造形にこの模様で、、、見た目、こわすぎです(笑)!

蜂の身体って、自分を「危険だぜ!」と目立たせることで身を守るためにこんな色合いをしているといいますが、ほんと大成功ですよね。人間だけじゃなく、ほかの生き物もそう感じるというのですからスゴイことです。

※やみくもに怖がって攻撃する必要も無いですが、刺されたら大変なので、見かけたらとにかくそっとすばやく離れること。あとは、この時期彼らがいそうなところに出かけるときは、香水や整髪料など香りの強いものは身につけない、、というのがポイントです。



さて、最後は、、
f0224207_13024559.jpg
キンモクセイ。
色だけじゃなく、香りでまちを彩ってくれてます^^
「あ、今年もキンモクセイ咲いたな」って気付くのは、だいたい香りからですよね。

子どものころ、まるで砂糖菓子のような、、小さいこのお花の形状が、、
もうもう、どうにも好きでたまらなくて、
花だけむしって、小さなビンにいっぱいつめて悦に入っておりましたら、、
結構すぐに茶色くドロドロになってしまって、ガッカリした思い出があります。
生花のはかなさを知った一件でしたねえ(笑)



あー、自然のものってほんとにキレイだな!
ちょっぴりですが、こうしてご紹介できてとてもうれしいです。
読んでくださってありがとうございます^^

ではでは、また!


お外のステキ、スケッチ遠足で一緒に描いてみませんか?
↓ ↓ ↓


◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎スケッチ遠足@東浦和
 11/12(日) 10:00~14:30くらい

 毎回とっても楽しい♡
 自然に触れて絵を描くひとときです。

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎みんなで人体クロッキーの会@四ツ谷
 11/19(日) 9:30-12:30

 参加者全員で交代してモデル(着衣)を
 つとめながら、人のからだ全身を
 たくさん描いていきます。


▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆























More
[PR]
by nijiironijiiro | 2017-10-12 14:14 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
ことほぎラジオ #好きなモノの話をしよう
好きなモノについて話すのって楽しいですよね。私も大好きです♩
そして、好きなモノについて話してる人の話を聞いたり、見るのも大好き。そういう様子の人ってふんわり光っているように感じます。幸せの放つ光なのでしょうね(^-^)

みんなで #好きなモノの話をしよう ♡
今日は大好きなラジオ、『ことほぎラジオ』のこと。


ひょんなことから知り合った2人がことほぎ研究室を結成。ラジオをはじめました。
自分の好きなことを話したり聴いたりすることを通して、この世のさまざまな事象をさまざまにことほぐ、全12回の番組です。
毎月1回、満月の日に配信します。”
(ことほぎラジオblogより)


以前もご紹介したことがあるのですが

アートを愛するせいこさん、ふくだけいさんのお二人が、おたがいの好きなものや良かったことを聴き合いながら進んでいく、とても心地よいラジオ。
# 好きなモノの話をしよう の、まさに音声版です♡
現在第10話まで配信中。


なんで私がこのラジオが好きかというと、話題がアートのこととかで好みに合ってる、、という事以上に、とっても自然だからだと思います。
自然というか、ほんとのことっていう感じがするんですね。
ここで話されていることは、ただただ、その面白さやよろこびを伝える・表現するためだけに紡がれている。それ以外の意図がない、ほんとーに「ただの会話」なところがすごくいいです(^-^)


ここ最近、私の中で「言葉での表現」っていうのに集中していたんですが(→新しい表現と出会う楽しさ)、実はこのラジオが大きなきっかけのひとつなんです。

好きなもののこと、話したいことを、好きなように言葉にしてること。
答えの出ないような事についても、ただ言葉にしてみること。
その言葉に共感だけでなく、自分と異なる視点に触れる面白さなんかも感じられて、風が通り抜けていくような心地よい刺激を帯びていること。。
そんなようなことが、すっごく羨ましくなって(笑)
私もやってみたい!って思ったんですよね。

それで私は長い記事を書き散らすに至りましたが、まー大変だったこと(笑)
一生懸命書いても本当にヘタッピだし、話すのなんてもっと下手だし、あーもうなんかいろいろ怖いわ、、ってなりましたホント、!
それでもしばらくやり続けるんですけど(笑)

ラジオのお二人は、それぞれが実にステキな語り口を持っていらして、本当にすごいなーって思っています。


これまで配信されている中で私が好きなのは、第10話の「旅のおみやげ」という回です。
夏に出かけた旅のことなんかを話しているんですが、旅をしてきた人特有のフレッシュ感が声に漲っています(^-^)
あと、こちらでもご紹介した遠藤利克展についても語られています。一緒におしゃべりしたーい!
↑こちらのリンク先から聴くことが出来ます。

私はお散歩や家事をしながら聴くのが好きです♩
散歩中にかなりニコニコしてる、ちょっと変な人になってるかもです(笑)


昨日、なんとこの『ことほぎラジオ』の収録現場に、観覧という形でお邪魔してきましたー!
せいこさん、けいさんのお二人にお会いできて、いつもラジオで聴いてる感じを空間ごと拝見(拝聴?)できて、すごーーーく楽しかったです(^-^)

今日の収録現場はこんな感じで、
(お二人が収録している横で描きました)
f0224207_11044025.jpg
谷中のとある広場のベンチで行われました。
3人組の左から、けいさん、せいこさん、私。


小さな森が併設している広場で、鳥の声がしたり、チョウやトンボが飛んでいたり。
お昼時だったので、ランチ休憩のサラリーマンらしき人たちが向こうのベンチに座ったりしている風景もよかったり。

こんな機材を使って、こんな感じに並んで座って、ラジオを作ってるんだー(^-^)と感心したり。

二人の会話を聴きながら思わず笑ってしまった私の笑い声が、話している当人たち(いつもイヤホンの向こう側)に聴こえているのがちょっと不思議で面白かったり。


ジャズライブを聴きに行くような気分で行ったので、心地よい耳のお供として、おやつやお茶、落書き帳を持参。収録の横でめーっちゃ気ままに過ごさせていただきました(^-^)

聴きながら描いた落書き。
f0224207_11054928.jpg

こんなに感じでほーっとした気分でした。実際は手を動かしているんですけども。


この音声データがどんな感じに整理されて、次回の配信になるのかがとても楽しみです♩


次回の『ことほぎラジオ 第11話』は10/6の満月の日に配信です。
私の声も、ご挨拶程度に出演しているかもです。
↓こちらから聴いてみてね↓


せいこさん、けいさん、本当にありがとうございます(^-^)

ではでは、また!





















[PR]
by nijiironijiiro | 2017-09-29 12:55 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
月の満ち欠け #好きなモノの話をしよう

台風なんで、今日ふたつ目の記事アップ(^-^)

好きなモノについて話すのって楽しいですよね。私も大好きです♩
そして、好きなモノについて話してる人の話を聞いたり、見るのも大好き。そういう様子の人ってふんわり光っているように感じます。幸せの放つ光なのでしょうね(^-^)

みんなで #好きなモノの話をしよう ♡

今日は、月の満ち欠けの話。

f0224207_00462594.jpg
お月さまの様子を見上げるのが大好きです。
満月を見れば、まんまるでなんとも豊かなうれしい気持ちになるし、
新月から間もない、爪の跡のような細い姿を見つけたらいつでもハッとしてしまう。

どんどん育ち、痩せていく。その繰り返し。

真昼には真っ白で、夜は黄金色。
真っ赤な時もあるし、虹の輪を纏っていることもある。

本当にいろんな美しい姿を見せてくれるので、飽きません(^-^)

満月の晩にジャムや保存食を作ると持ちがよい、とか、新月の日に願い事を書くとよい、とか、満ち欠けにまつわるまじない的な伝承もたくさんあっておもしろいですよね(^-^)


およそ29日のサイクルで、
新月
上弦(半月)
満月
下弦(半月)
新月
と巡っていく月の満ち欠け。

その四つの節目を観られると嬉しいので、Twitterの指定時刻投稿でこれらの時間をつぶやくようにしてみました。

ジャスト満月(あるいは新月、上弦 、下弦)の時刻のおよそ1時間まえに『あと1時間くらいで満月』というツイートをするように設定しました。

ああ、もうすぐ満月になるんだ〜って思う小1時間くらいって、なんだかちょっとウキウキするのでね(^-^)

月齢botなんかは数あれど、その小1時間を楽しめるリマインダーが自分で出来るんだー!って、ふと思いついちゃったから、さっき一生懸命設定しました(笑)とりあえず、今後半年ぶんくらい登録してみたよ。

よかったら、にじいろたまごのTwitterアカウントを覗いてみてね(^-^)
いちばん近いところでは、9/20新月タイムのおよそ1時間前にツイートするはずです。


画像は私が描いた絵。
月の満ち欠けを味わいながらリラックス、って感じです(^-^)



ではでは、また!



◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎鉛筆デッサンの会@四ツ谷
 9/18(月祝)9:30~12:30
《残席5》
 モチーフは「ガラス」です♪

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





















[PR]
by nijiironijiiro | 2017-09-17 23:45 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
新しい表現と出会う楽しさ
ここ最近、このブログで「つれづれ」記事をよく書くようになりました。
私にとって、こんな風に文章で気ままな表現をすることは新しい体験なので、とても楽しくて嬉しいです(^-^)

その一方で、めっちゃ!!疲れます(笑)
慣れないことなので時間がものすごいかかるし、質的に自信もないし。
PCやスマホに向かって集中すると首肩のコリも半端ないしさ。
これを読んで気を悪くしたり怒り出す人がいるかも、、などと半ば自意識過剰な不安もよぎって、モヤっとするのにも疲れます(笑)

そんな感じですんごい疲れるんですけど、それでも今はすごく文章が書きたいんですよねー(^-^)
爽快感があって、不思議と心地よい疲れなんですよね。


でね、この心地よさや爽快感は、
自分の中で今まで開くことのなかった「文章での気ままな表現」という引き出しが開いて、その中で眠っていた何かに新鮮な空気が行き渡ることからどうも生まれているらしく、
こうやって新しい表現方法に触れて「自分の中の風通し」が良くなることって、すごくうれしいことなんだなー!と気づきました(^-^)


でね、
ここまでわかって、ハッと気づいたのがもうひとつ。

鉛筆デッサン参加者の皆さんが口々に言っている
『普段と違うアタマの使い方が出来てよかった、面白かった』
っていうのは、コレかー!!!

ということです。

そういうご感想をいただくたびに、うんうん、そうだよね!ってわかったつもりでいたのですが、ちゃんとわかっていなかったみたいです私ー!


私にとっても鉛筆デッサンって日常的なものではないから、やるとそれなりに毎回新鮮だし疲れたりしますが、それはあくまで経験者のものだったんですね。
参加者のほとんどが初心者の方ですから、私が思っていた以上に皆さんパワフルな体験をされているんだなぁ、、と、改めて思いました。

聴いて理解できるし想像もつく話だと思っていたので、デッサン教室の案内にもそんな一文を載せていましたが、実感がともなってなかったんですねえ、、
いやあ、お恥ずかしい〜σ(^_^;)

デッサン教室では毎回制作後にプチおやつをご用意しているのですが、そう思うと今後のおやつ選びにも身が入ります!制作後に甘いものってすごく嬉しいので♩


あ、なんか、私の気ままなつれづれが、ちょっと教室のことにリンクしてきましたねー、よかったよかった(笑)

つれづれ記事は、いまアップしている記事以外にも下書き保存されている記事がいっぱいありまして。。基礎練習の趣で書き散らしておりましたが、どんな表現にせよ、自分のコアに近づいていく事が出来るもんだな、、なんて思いました。
ヘロヘロになる勢いで文章を書いてみてよかったです(^-^)

以前は「教室のブログなんだし、インフォメーションや何か役立つような記事を端的に発信せねば、、」と堅苦しく考えていて、今みたいにアレコレと何でもないようなことをたくさん綴るようになるとは想像してませんでしたよー。面白いなあ。

あ、今日の記事はちょっとステマ入ってますかね?(笑)



ではでは、また!


明日開催です。今日中にご連絡くださればOK!
新しい表現触れてみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎鉛筆デッサンの会@四ツ谷
 9/18(月祝)9:30~12:30
《残席5》
 モチーフは「ガラス」です♪

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





















[PR]
by nijiironijiiro | 2017-09-17 16:16 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
絵の中の不思議なともだちと会いに。ベルギー奇想の系譜(Bunkamuraザ・ミュージアム)
f0224207_22565987.jpg
こちらの展覧会に行ってきました。

ベルギー奇想の系譜〜ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで(Bunkamuraザ・ミュージアム)
とっても楽しかったです(^-^)
今日はその個人的な感想を。


「現在のベルギーやその周辺地域では、中世末期から発達してきた写実的描写の伝統の上に、幻想的なテーマの絵画が生み出されていきました。」(展覧会フライヤーより)

ということで、この地で生み出された作品を「幻想」「奇想」といったテーマで16世紀の絵画から、近代、現代のアート作品までを集めた展覧会でした。

16世紀のフランドル絵画、版画にじっくり浸るところから始まって、最後は現代の作家の作品に触れて展示が終わるのですが、タイムトリップしたみたいで面白かったです。


16世紀の版画はこんなの
f0224207_22574742.jpg
とかが沢山並んでいて、A3くらいのサイズにびーっしりと描き込まれた様子を観ていくのがとても楽しい。漫画を読むような楽しさです(^-^)
そして、コリコリと描き込んでゆくのもとても楽しいだろうなぁと思います。

これらの版画は聖書に出てくる戒めを表現していて、人間の愚かな側面を地獄の有り様や空想の禍々しい生き物で描いたり、聖書の格言みたいな言葉が添えられているのですが、、
なんか、描かれた悪魔的な生き物たちが凄く楽しそうに感じられて、一緒に遊びたくなってしまいました(^-^)
愚かしい様子の人間の姿も沢山描かれていて、下半身だけ裸の人がしゃがんでいたりして、、嫌悪感よりも先に、ププッと吹き出しちゃう。えらいこっちゃーって(笑)
Tシャツ(?)の下に何にも履いてないって、今も昔も相当マヌケな姿です。

こういう版画って当時、凄く流行って沢山の需要があったそうなんですけど、戒めの為にこれらを手に入れるというよりは、ブラックユーモアというか、触れてはいけないものに触れる楽しみのために流行ったんじゃないかなぁ?
いや、写真も電気もなく、宗教の影響が強かったかの時代では、これらの描写は凄くリアルで怖かったのかな。ちゃんとお説教とかに使ってたのかもしれない。
でも、これを見ながら「こんな風にみっともなく堕落してしまうのだぞ」とか大人からお説教されてる間に、されてる子どもは「あ、半ケツの人がいる、、」とか絵の中のあらぬとことを見ちゃって、上の空になりそうだよね(笑)

象徴するもの、絵解きの解説は沢山あるけど、そういう市井の人々にとっての版画の使い方(?)って本当のところ、どうなんでしょうねえ。


同様の時代、テーマの油彩画もありましたが、500年も前の絵がツヤツヤと色鮮やかで「さすが!堅牢さを誇る油絵の技法だなあ」と思いました。いにしえの人々が編み出した技法や修復・保存の技術に感心ひとしお。

絵って本当にあらゆるところが面白いなあ!


いろんな作家の作品がある中で私が惹かれたのはルネ・マグリットの「9月16日」という小さな版画作品でした。

夜の木の中にお月さまが描かれていて不可思議な様子なんですが、夜の色合いがあまりに自然でみずみずしくて、私には妙にぴったりくる感じでした。

画面の左上に、白い点がポツンとあるのを発見して、コレは星なのかな??ステキ!と嬉しかったんですが、後でネットで調べたら、同様の構図で描かれた同タイトルの油彩作品には星は無かったんですよね。私が感激した星は、もしかしたら版画の工程で出来たただの点なのかもしれないです。。(笑)
けど、星を見つけた時のキャっと嬉しかった瞬間は私のたからものです(^-^)
またどこかでこの作品に出会えるといいな。

ああ、生の作品に触れるって本当に楽しいな!


この展覧会は9/24(日)までの開催です。
あ、作品保護の為に室温がけっこう低めに保たれているので、ちょっと厚めの羽織ものがあるといいと思います。


お誘いをくれたMちゃん、ありがとう!
一緒に観られて楽しかったよー(^-^)



ではでは、また!


コリコリと自分で描き込む楽しさをどうぞ(^-^)
↓ ↓ ↓ ↓
◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎鉛筆デッサンの会@四ツ谷
 9/18(月祝)9:30~12:30
《残席6》
 モチーフは「ガラス」です♪

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





















[PR]
by nijiironijiiro | 2017-09-13 23:08 | つれづれ | Trackback | Comments(0)