ブログトップ
rainbowegg.exblog.jp
カテゴリ:つれづれ( 23 )
見沼通船掘のこと


12/3(土)のスケッチ遠足の舞台、見沼通船掘(みぬまつうせんぼり)についてちょっぴりご紹介します(^-^)

※スケッチ遠足についてはコチラ

f0224207_00321205.jpg

見沼通船掘とは江戸時代に治水と通運の為に作られた水路のこと。

この通船掘を通って江戸に年貢米やら作物を運び、江戸からは海産物や工芸品が運ばれました。

現在もその用水路が部分的に残っていて、さいたま市内でいくつか見つけられます。
今回訪れる「見沼通船堀公園」は、用水路とその水辺環境が残されている小さな史跡でもあるんです。

f0224207_22563281.jpg

工事は全て牛馬と人力で行なっていた時代。
江戸に通じる自然の川(芝川)にアクセスしやすいように水路を掘った訳なのですが、それはプロジェクトX(古っ)のテーマ曲がぴったりの知恵と工夫で作られたそうな。

どの辺がプロジェクトXかというと、、

水路を効率的なルートで通すにあたり土地の高低差がネックになったものの、それを水門の開閉で水位を調整して船の往来を可能にした、というところ。(超ざっくり)

この仕組みはスエズ運河でも採用されているが、この見沼通船掘はそれよりも大分早い時代(享保のころ)に開発された、というのも注目ポイントです。

江戸幕府から遣わされたお役人、伊澤弥惣兵衛さんという人が尽力した一大プロジェクトで、浦和エリアの郷土史に欠かせない存在なのでした。

f0224207_22575997.jpg

治水を願うこの土地には、竜神さまの伝説や「水神社」が今も残ります。
この辺のゆるキャラは、竜がモチーフのヌゥちゃんです(^-^)

f0224207_22590194.jpg
(左の黄色いヤツは、テレビ埼玉のテレ玉くん)


実は私、子ども時代をこの辺りで過ごしていました。
社会科の副読本で、この見沼通船掘のことを学んだものです。
当時は浦和市でしたねぇ、懐かしい。

社会科見学とかで通船掘も訪れたような気がするんだけど、、全く印象ナシ。そんなもん(笑)

ですが、
大人になって改めて、郷土の歴史を踏まえつつその場所を歩いてみると、なんだかとても面白い(^-^)

江戸時代から昭和の初めまで使われていたという用水路。

現代といにしえのギャップをひしひし感じながらも、、
その中でも、自然の営みの姿は今もどこか一緒かもしれないこと。

景色や人や動植物が入れ替わっても「誰かが誰かと生きている」というこの世界はずっと続いてるんだなぁ、、

なんて思いをはせると、
今ここに生きて、歩いて、景色を見ている不思議をじんわり感じます。
歴史ロマン☆ですね(^-^)

ーーー
12/3(土)のスケッチ遠足、残席4です。
詳細、お申し込みはコチラから!

寒さが厳しくなる前の滑りこみ企画、どうぞ暖かくしてお越しください♩
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております(^-^)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by nijiironijiiro | 2016-11-27 22:34 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
TwitterとFacebook
TwitterとFacebookにアカウントをつくりました。
主にこのブログの更新情報が流れます。
TwitterまたはFacebookをご利用の方は、
フォローしてみてくださいね~!

●Twitter → @NijiTamNijiTam

●Facebookページ → 造形+自然の教室 にじいろたまご













[PR]
by nijiironijiiro | 2014-10-05 23:19 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
明日はワークショップ!
f0224207_2345073.jpg


明日はいよいよ、洲本市文化体育館でのワークショップです。

お手伝いに来てくれるスタッフのみんなと

打ち合わせ&準備作業をおえて

只今さいごのいろいろ確認中。


ご参加いただく皆さまと、良い時間を過ごせるよう

たくさんの笑顔に出会えるよう

張り切ってまいります!

たのしみ♪
[PR]
by nijiironijiiro | 2011-11-11 23:46 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
こんなに大きくなりました
f0224207_2153219.jpg



いつぞやにお見せした、ザリガニの卵~孵化の写真。
あのとき、1ミリくらいの大きさだった子ザリガニ、
ただいま25ミリくらいの立派なチビザリガニに成長しました。

母ザリガニと比べても、このとおり。
(母ザリガニのしっぽの上を見てみて!)
f0224207_2118023.jpg



孵化したのが3月後半。現在6月後半。

3月にざっとみて200匹はいたであろう子ザリガニでしたが、
生き残ったのはこの1匹だけです。

兄弟たち、あるいは母を相手に生き残るという
生存競争が水槽の中で展開されておりました。

水替えのたびに減っていく子ザリガニ。
茶漉しで子ザリガニを抽出していましたが、
いまはそんなことをせずとも大丈夫になりました。
数的にも、大きさ的にも。

このあと何回脱皮をくりかえすと、
母ザリガニくらい大きくなれるのでしょう??
[PR]
by nijiironijiiro | 2011-06-23 21:25 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
たのしいことを
f0224207_21223333.jpg
昨年モチーフ用に採取して、そのまま飼育していたザリガニ。腹部に卵を持っています。




「暑さ寒さも彼岸まで」というけれど、
今年はなかなか寒さが終わらないですね。
みなさまお元気ですか?
私は先週体調を崩し、寝込んでしまいました。
今はもう回復しているのですが、あの地震の日以来、
結構身を硬くして過ごしていたのだなあ、、と実感しました。

余震や原発など心配なことはあるけれど、それはそれ。
節電や募金など自分にできることをしつつ、
春めく日々を楽しんで、セルフケアもしていこうと思います。





さて、先週予定されていたアートサイズ園児クラスの遠足は
残念ながら中止になってしまいました。
そのかわり、今週の小学生クラスの遠足に
園児クラスのみなさんも一緒に行くことになりました!

それぞれ30名ほどいるので、生徒さんだけでも60名、
プラス、今回は大事をとって保護者同伴ということになり、
かなりの大所帯の遠足となりそうですが、楽しみ。

30日、どうかいいお天気になりますように!!





にじいろたまごでも、たのしいことをしたいと考えております。
どこかで野外教室を開催できればと思い、
公園などの場所を探し中です。

ありがたいことに、
「大人でも参加したい」
「幼稚園未満の子供連れだけど、たのしそう!」
などのお声をいただいており、
対象年齢の枠をとっぱらったイベントがいいかなあ、、などと
夢膨らんでおります。

また進捗があれば、こちらでご報告しますね!





一番上の写真、ザリガニのおなかのところに卵がついていて、
先週あたりから孵化してきているのです。
よーくみると、ちっさいザリガニがみっしり!!なんです。

アップの写真がこちら。(苦手な方、ご注意!)












じゃーん!!


f0224207_21232865.jpg


命うごめく春ですね!!!








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下広告、にじいろたまごとは関係ありません)
[PR]
by nijiironijiiro | 2011-03-28 22:04 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
遠足下見と地震の日
f0224207_2146676.jpg
3月11日、八国山にて。ウグイスカグラ?


みなさまお元気ですか?
この度の大地震、被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
そして、地震の影響のもと
さまざまな場所で対策に尽力してくださっている皆様、
電車でぎゅうぎゅうになって通勤している皆様、
心配で押しつぶされそうな方、、、
すべての人に平安がやってくることをお祈りしています。





さて、地震のあった3月11日に出張授業の下見に行ってまいりました。
美術教室アート・サイズの池田先生と、八国山を歩いてきました。
3月23日(水)、31日(水)と、アート・サイズ春の遠足に
講師としてお邪魔する予定なのです。
f0224207_21462075.jpg

春のはじめの小さなお山は
「もうすぐ芽吹くよ!みどりになるよ!」
「こっちだって、咲いちゃうよ!」
という、みずみずしい息吹でいっぱいでした。
f0224207_21462987.jpg

すてきな時間を過ごせるように、プログラムを考えています。
(もちろん、雨のとき用のも。。)
どうか、どちらも行くことができますように。。





地震発生時、私たちはちょうどお山を降りてきて
駐車場に停めてあった池田先生の車に乗り込んだところでした。

すぐそばの電柱や、山の木々がおおきくゆれているのが見えました。
ずいぶんと長く強くゆれて、本当にびっくりしました。

結局私はその日自宅には帰れず、間にある親戚宅に泊めてもらいました。
大渋滞の中、ここまで送ってくださった池田先生ありがとう!
急でも快く泊めてくださったおじちゃん、おばちゃんもありがとう!


f0224207_21453324.jpg
最初の写真、ウグイスカグラ(?)のつぼみ。この日はほとんどこの状態でした。今頃たくさん咲いていることでしょう。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下広告、にじいろたまごとは関係ありません)
[PR]
by nijiironijiiro | 2011-03-19 22:45 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
あか
f0224207_23494441.jpg

f0224207_23495739.jpg

f0224207_23492210.jpg

f0224207_23493655.jpg

f0224207_23493813.jpg

f0224207_2349284.jpg

f0224207_23495026.jpg

f0224207_23493216.jpg

f0224207_23494771.jpg

f0224207_23495413.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下広告、にじいろたまごとは関係ありません)
[PR]
by nijiironijiiro | 2010-12-28 23:57 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
うごいていく秋
f0224207_18424434.jpg
アメリカタカサブロウの花。どうしてそんな名前なの?(笑)



うろこ雲がキレイな数日が過ぎて、今日はどっさり雨が降っています。
気温も低いままで薄ら寒くて、分厚い靴下を登場させました。
こうして一雨ごとに、また季節が変わっていくのですね。

写真は数日前、道端で撮影した野草。
気温が下がってくると、
白い花の白い色がなんとなくキリッとしてきますね。
このあとやってくる季節の白い息を予感させるような。



またもブログの更新が滞り気味でしたが、
ぼちぼち、「目標:0のつく日更新」を復活させたいと思います。
ささやか過ぎますが、あくまでも目標なんです。無理はしない(笑)。
毎日ブログやHPを更新している方って、本当に尊敬してしまいます。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下広告、にじいろたまごとは関係ありません)
[PR]
by nijiironijiiro | 2010-10-09 19:05 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
海月
f0224207_20424417.jpg

海月 と書いて、クラゲ。
他にもクラゲの漢字表記はあるのですが、
この 海月 というのが一番好きです。

だって、なんかぴったりではありませんか!

水面に映る月のような生き物だから。

そして、最近思うのは
もうすぐ満ちる月や、欠けはじめた月って
何だかクラゲの かさ みたいだな、ということ。

お月様の欠けている部分が少しぼやっとしているので、
なんともヒラヒラとしたクラゲの かさ のように感じるのです。

一昨日が満月だったので、
今晩見える月もクラゲっぽいかもしれません。
よかったら、夜空を見てみてください。
おそらく、左上に ほよーんと浮上しているクラゲのようなお月様がいるはずですよ。
[PR]
by nijiironijiiro | 2010-08-28 09:58 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
出張授業の打ち合わせ
f0224207_23525715.jpg
f0224207_23532359.jpg
夏の日差しあふれる北沢公園にて。




夏ですね!
とっても暑い。急に暑い。
夏ばてしないように注意しなければ。。


さて。
一昨日、出張授業の下見&打ち合わせに
東北沢に行ってまいりました。
8月にいくつかご予約を頂いている「美術教室アートサイズ」の
池田先生とお会いしてきたのです。

「美術教室アートサイズ」は、幼稚園児~小学生を対象に
多摩地域や都内で展開している教室です。
にじいろたまごでは、もう何度も関わらせて頂いているのですが、
いつお邪魔しても、生徒さん、先生たちがイキイキとしていて、
とてもステキな教室です。
今年度から、東北沢教室もオープンされて、
今後の展開も楽しみです!

夏休み期間の教室ということで、
できるだけ全身で、
あるいはイメージングなどを用いて、
「夏」を感じられるようなプログラムを考えてみました。
どんなプログラムかは、また活動レポートでご報告しますね。
アートサイズの皆様とどんな時間が過ごせるか楽しみ♪

池田先生、暑い中お疲れ様です!
ありがとうございました!!






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下広告、にじいろたまごとは関係ありません
[PR]
by nijiironijiiro | 2010-07-20 23:57 | つれづれ | Trackback | Comments(0)