ブログトップ
rainbowegg.exblog.jp
<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
見沼通船掘のこと


12/3(土)のスケッチ遠足の舞台、見沼通船掘(みぬまつうせんぼり)についてちょっぴりご紹介します(^-^)

※スケッチ遠足についてはコチラ

f0224207_00321205.jpg

見沼通船掘とは江戸時代に治水と通運の為に作られた水路のこと。

この通船掘を通って江戸に年貢米やら作物を運び、江戸からは海産物や工芸品が運ばれました。

現在もその用水路が部分的に残っていて、さいたま市内でいくつか見つけられます。
今回訪れる「見沼通船堀公園」は、用水路とその水辺環境が残されている小さな史跡でもあるんです。

f0224207_22563281.jpg

工事は全て牛馬と人力で行なっていた時代。
江戸に通じる自然の川(芝川)にアクセスしやすいように水路を掘った訳なのですが、それはプロジェクトX(古っ)のテーマ曲がぴったりの知恵と工夫で作られたそうな。

どの辺がプロジェクトXかというと、、

水路を効率的なルートで通すにあたり土地の高低差がネックになったものの、それを水門の開閉で水位を調整して船の往来を可能にした、というところ。(超ざっくり)

この仕組みはスエズ運河でも採用されているが、この見沼通船掘はそれよりも大分早い時代(享保のころ)に開発された、というのも注目ポイントです。

江戸幕府から遣わされたお役人、伊澤弥惣兵衛さんという人が尽力した一大プロジェクトで、浦和エリアの郷土史に欠かせない存在なのでした。

f0224207_22575997.jpg

治水を願うこの土地には、竜神さまの伝説や「水神社」が今も残ります。
この辺のゆるキャラは、竜がモチーフのヌゥちゃんです(^-^)

f0224207_22590194.jpg
(左の黄色いヤツは、テレビ埼玉のテレ玉くん)


実は私、子ども時代をこの辺りで過ごしていました。
社会科の副読本で、この見沼通船掘のことを学んだものです。
当時は浦和市でしたねぇ、懐かしい。

社会科見学とかで通船掘も訪れたような気がするんだけど、、全く印象ナシ。そんなもん(笑)

ですが、
大人になって改めて、郷土の歴史を踏まえつつその場所を歩いてみると、なんだかとても面白い(^-^)

江戸時代から昭和の初めまで使われていたという用水路。

現代といにしえのギャップをひしひし感じながらも、、
その中でも、自然の営みの姿は今もどこか一緒かもしれないこと。

景色や人や動植物が入れ替わっても「誰かが誰かと生きている」というこの世界はずっと続いてるんだなぁ、、

なんて思いをはせると、
今ここに生きて、歩いて、景色を見ている不思議をじんわり感じます。
歴史ロマン☆ですね(^-^)

ーーー
12/3(土)のスケッチ遠足、残席4です。
詳細、お申し込みはコチラから!

寒さが厳しくなる前の滑りこみ企画、どうぞ暖かくしてお越しください♩
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております(^-^)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by nijiironijiiro | 2016-11-27 22:34 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
2016年12/3(土) スケッチ遠足@東浦和
f0224207_00283614.jpg
風景スケッチと自然散策を楽しむ遠足を開催します。

大好きな見沼通船堀〜芝川のほとりで、
初冬の自然や歴史をご案内♩
f0224207_00321205.jpg
みんなでのんびり歩いて、
お気に入りの風景を水彩スケッチします。
水辺の風景を一緒に楽しみましょう(^-^)


ーーーーーー


日 時:2016年12月3日(土)11:00〜14:00くらい
※天候によって早目に終了する場合もあり

対 象:どなたでも
※小学4年生以下は保護者の参加が必要

定 員:8名(先着)

場 所:見沼通船堀公園
JR武蔵野線「東浦和」駅に11:00集合。

参加費:大人 3,000円、小学生以下 500円

持ち物:
・お弁当
・飲み物(保温容器で温かい飲み物がオススメ)
・防寒対策
・筆洗用の水(345ml等の小さいペットボトルで充分です)
・敷物またはアウトドア用のイス

○画材はすべてご用意いたします。
○お気に入りの画材がありましたらお持ちください。
○制作後のおやつ付き♩


※雨天中止。
微妙な場合、当日の朝8時30分ごろご連絡します。
(希望があれば、さいたま市の美術館ツアーに変更してもいいかな?と考え中です)


◇◇申込み方法◇◇
Emailにて件名を「12/3参加申込み」として、
●お名前
●年齢(学年)
●複数の場合は人数
●代表者の携帯電話番号
を明記の上、nijiirotamagonomail★gmail.com(★を@に変える)までお申込みください。お問い合わせもこちらにどうぞ。

※申込み締切: 12/1(木)


◇◇キャンセルポリシー◇◇
前日、当日キャンセルは、キャンセル料金として参加費全額をお支払いいただきます。支払いは振込にて、手数料はご負担ください。ご了承下さいませ。



ーーーーーー

みなさまのご参加をお待ちしております!












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by nijiironijiiro | 2016-11-14 00:41 | イベントのおしらせ | Trackback | Comments(0)
【活動レポート】2016年11月12日 鉛筆デッサンの会@四ツ谷
久しぶりの鉛筆デッサンの会でした。
本日も楽しくギュッと、あっという間のひととき。

f0224207_17300645.jpg

もうすぐホリデーシーズンという事で、モチーフはワインボトル。
今回は続けて参加して下さっている方ばかりだったので、少し難しめのモチーフにチャレンジです。

f0224207_17310248.jpg

全体のカタチ、印象を捉えながら
立体感、印影、ラベルなどのディテールや
ガラスの映り込み、ツヤ、台の影、、
いろんなことをみつけて鉛筆を動かす。

一見地味だけど、とても面白い時間です(^-^)

f0224207_17365180.jpg

集中したり、試行錯誤したり
めいっぱい楽しんんで下さっているみなさんを見て、改めてデッサンの楽しさを感じました。



ご参加下さったみなさま、
会場のスタジオ・ガスパッチョさま、
本当にありがとうございました!











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下広告、にじいろたまごとは関係ありません)

[PR]
by nijiironijiiro | 2016-11-12 17:21 | 活動レポート | Trackback | Comments(0)
鉛筆デッサンの会@四ツ谷

f0224207_18163238.jpg

f0224207_18273398.jpg
f0224207_18295587.jpg

ほぼ隔月で開催している、おとなむけのデッサン教室です。

鉛筆の持ち方や目測の仕方など、基本的なレッスンだけでなく、
「モノをじっくり観る・感じる楽しさ」
「集中してなぜかリフレッシュしてしまう心地よさ」
「一枚仕上がるよろこび」
をじっくり味わい、わかちあう時間にご好評いただいています。


★「鉛筆デッサンの会@四ツ谷」の記事一覧はこちら→

★前身の「鉛筆デッサンの会@御茶ノ水」の記事一覧はこちら→


初心者も経験者も大歓迎♪
次回開催については、
↓↓「イベントのお知らせ」↓↓からご覧ください。






















[PR]
by nijiironijiiro | 2016-11-11 11:11 | 出張授業・固定教室 | Trackback | Comments(0)