ブログトップ
rainbowegg.exblog.jp
絵の神さまのこと

f0224207_16433435.jpg

突然ですけど、絵の神さまっていると思うんです。
絵っていうか創造全般を加護してくれるような感じです。

窯元の登り窯とかを訪れると、「ああ、ここは火の神さまと土の神さまと、それを繋ぐ焼物の神さまがいるんだなあ」と感じます。別に何か視えたりしないんですけど(笑)

けど、きっと全てのアトリエ、工房、スタジオ、舞台、つくる人、奏でる人etc....に、そういう神さまがついてるんだと思います。


八百万の神様がいる日本の人だから、そう思うのかな?

画像は「千と千尋の神隠し」にでてくる神様たち。楽しそう(^-^)



以前、ちょっと弱ってしまったティーンの子がこんなことを話してくれました。その子は絵が好きなんだけど「描いてもいい加減なものしかできない。申し訳なくて、嫌で、恥ずかしくて、描きたいのに描けない」ということでした。

それで私は、「絵の神さまってそんなにケチじゃないよ。だから、大丈夫」というようなことを伝えました。

あとは、それだけが道じゃないから、とか、スランプって誰しもあるよ、描ける時は描けるから絶対大丈夫、も言ったかな。

その子は将来絵を職業にしたいと考えていて、生真面目さが焦りを産んでいるようでした。親御さんの期待に応えたい想いもあったと思う。だから、そういう「現実問題これが出来ていない、ヤバイ」みたいな悩みに対して「絵の神さま」とか言っても気休めにもならなかったかもしれない。

どのように伝わったのかはわからないんですが。

もうね、その焦りってめっちゃよくわかる!
私も浪人を許されていなかった美大受験のころ、すごーく焦って苦しかった。

あとね、社会人になってから忙しくってなかなか自分の制作ができなくて、その上いざ時間ができてやろうとすると何故か出来なかった。出来ても「こんなんじゃ、、ダメダメだー」と全く楽しくない。仕事はやれるのに。。っていう時期も結構あって、苦しかった。


受験期のプレッシャーは少し違うかもしれないけど、こういう時って大概、他人だけじゃなく自分に対しても見栄を張ってる時なんですよね。自分に課すハードルがめちゃくちゃ高過ぎるというか。身動き取れなくなっちゃう。これはマジ苦しい。

けどね、

マジ苦しくて、到底いい状態で描いた作品とは言えない、なんか呪ってるのか私は?って凹んじゃうとき。そういうダサい自分と作品に打ちのめされたときでも。
やっぱりそれも、絵の神さまは祝福してくれている。

若い頃は「よっしゃ!絵の神さまに恥じぬモノを作らなきゃ!きゃ!シャッ!」と思ってたんですけど、そうじゃなかった。
神さまに対してしなきゃいけないことなんてひとつもなかったし、恥ずかしいなんてこともなかったんですよね(^-^)

ペンでサッとひいた一本の線だって、描いたそばからクシャクシャっと丸めたくなる出来のものだって、なんでも、全て、絵の神さまに祝福されているよ。

それがストンと納得できたとき、私は本当に嬉しかった。


そりゃ、上達の過程で試練っぽくなることは往々にしてあるし、失敗を闇に葬ることをわざわざ推奨しませんが(笑)、そういう泥臭いかっこ悪いプロセスもひっくるめて祝福されていると、ふと思えたというか。

そういう体験に何度も助けられて、私はいま楽しく絵を描いています(^-^)

だから、実感を持って「絵の神さまはそんなにケチじゃないよ」って言えます。件のティーンに伝えたときよりも、更に深く。


というか、その時点の私も同じような焦りを持っていたんですよね(今も多少ある)。
にも関わらずあのとき「絵の神さまってそんなにケチじゃないよ」って自然に言えたのは、神さまからの大切なメッセージだったんでしょう(笑)ホントに!


あの子はいまどうしてるかな。
もうしばらく会っていないけど元気だといいな(^-^)



いろんな神さまがいるよね。
これはディスコの神さま。





ではでは、また!


◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎鉛筆デッサンの会@四ツ谷
 7/30(日)9:30~12:30
 モチーフは「卵」です♪

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆






















[PR]
# by nijiironijiiro | 2017-06-27 17:03 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
植物のこと
f0224207_17254430.jpg

紫陽花がキレイな季節ですね。
私は植物が大好きなので、紫陽花に限らず季節のお花って大体うれしい。
もっと言うと、お花だけじゃなくて蕾も花殻も実も種も葉っぱもツルも茎も枝も幹も根っこも落ち葉も、大体、ほとんど全部がうれしいです(笑)

木々の移ろう姿や、伸びゆくみずみずしさを見て、うれしい。

ステキな色カタチの花々を見て、香りを感じて、飾って、うれしい。

窓辺の植木鉢に水をやって、うれしい。

美味しい野菜を食べて、うれしい。

ハーブティや精油を味わって、感じて、うれしい。

もうもう、私にはうれしいことだらけです。

カラダもココロもお世話になりっぱなしですね。ありがたや〜!

植物の生命力ゆえの、怖さみたいなものも感じることもあります。

それは、五月くらいのグングンとたくましく伸びゆく頃の森。この頃の森っぽいところに長時間いると、私はなんか疲れた感じがするんですよね。


f0224207_17265186.jpg
↑左上:6月、右上:4月末、左下:4月初旬、右下:3月下旬。↑


5月くらいの植物って新芽のか弱さが消え、貪欲にあらゆるものを取り込んで生育していこうとする勢いがあるので、こちらのカラダが無意識に取り込まれないように防衛態勢になるから疲れるんじゃないかな?なんて思ってますが、どうでしょう。

それで私は、植物もガチで生きてるんだな〜〜ってことをしみじみと感じるんです。
よく言う「植物の癒し、恵み」っていうのは、フワフワと優しいだけじゃなくて、時におぞましい程の生命力が礎となってこそのものなんですよね。

でね、そういう事に思いを馳せて、またうれしいという(笑)

ちなみに、6月くらいになって生育がひと段落する頃には、前述の「吸収するぞぅー!」っていう外向きの勢いが落ち着いてる感じがします。
それよりも、葉の色を濃くしてもっと日光と仲良くなることや、実を成熟させることとか、そういう内向きな勢いになるからなんだろうな、、とこれまた思ってますが、どうでしょうか。


ではでは、また!



◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎鉛筆デッサンの会@四ツ谷
 7/30(日)9:30~12:30
 モチーフは「卵」です♪

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






















[PR]
# by nijiironijiiro | 2017-06-20 16:55 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
このブログのこと
f0224207_21471999.jpg

「つれづれ」カテゴリーの記事を、モリモリ書いていくことにしました。
文章でも表現をしていきたいな、という気持ちになったからです(^-^)


このブログを始めたのが2010年で、なんと7年前。
教室のHPがわりにとりあえず開設して、その間更新したりしなかったり。
活動そのものも長らく休止することもありながら、それでもマイペースに続けてきて、もう7年も経ったんですね。

思えばその間ずっと、参加して下さる方、開催する場所、協力して下さる方などに恵まれてきた訳で、本当にありがたいことです。
改めてすべてのみなさまにお礼を申し上げます。ありがとうございます!!


で。
このブログは7年間、ほぼ告知と連絡と活動レポートに終始していましたが、最近元気になってきまして。
元気になってきたら、思いの丈やどうでもいいようなこともいろいろと綴りたくなってきました(笑)

そんなことの一環で、トップページをリニューアルしてみたり鉛筆デッサンの会のことを熱く語ってみたわけです。(→この記事

とはいえ、私は文章を書くのにエライ時間を要するタイプなので、まとまらなかったり飽きたりして、結局そんなにやらないのもしれません。

生温かく見守って頂ければ幸いです。


写真は「書店でチラ見した『うんこドリル』を思い出しクスクスしながら撮ったイチョウの木」です。

ああ、イチョウの葉っぱがまた大きくなってるなーという感動と同時に、先刻見たうんこドリルを思い出しているという。。

同時多発的に、多様なものが生まれひしめく我が心と脳みそです。
、、って、何のハナシ?
思いの丈ってこういうこと?
そうかも(笑)



ではでは、また!


◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎鉛筆デッサンの会@四ツ谷
 7/30(日)9:30~12:30

お申込、お問合せはメールでどうぞ!
nijiirotamagonomail@gmail
までお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆






















[PR]
# by nijiironijiiro | 2017-06-11 21:50 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
次回の鉛筆デッサンの会@四ツ谷は7/30(日)♪
f0224207_20273170.jpg

前回は直前の中止でお騒がせしました💦

お知らせ後に「今、申し込もうと思ってた」というお声を何件かいただき、開催できず申し訳ありませんでした。

私の手は少しずつ回復してきております。
優しいお声をかけてくださったみなさま、ありがとうございました(^-^)

さて、

次回の「鉛筆デッサンの会@四ツ谷」は

7月30日(日)
9:30〜12:30

になりました。

場所はいつもの、四ツ谷「スタジオ・ガスパッチョ」さんです。

詳細はまた改めてお知らせします(^-^)
手帳にチェックしておいてくださいねー!


写真はナツツバキの花。
梅雨入りしましたが、
この時期に咲き出す白い花たちに
癒されております(^-^)



ではでは、また!





















[PR]
# by nijiironijiiro | 2017-06-09 20:20 | イベントのおしらせ | Trackback | Comments(0)
鉛筆デッサンの会@四ツ谷 5/28(日)

f0224207_01104307.jpg

※終了しましたこ
※5/27 17:00※講師のケガと参加者が集まらなかったことで、中止とさせていただきます。

ギリギリまでお申込みに対応するつもりでしたが、講師の右手が腱鞘炎になってしまいまして今回はおやすみすることにいたしました。

ご検討中の方がいらしたら申し訳ありません。
また次回、お会いできますように!※



おとな向けのデッサン教室です。
シンプルな静物をモチーフに、鉛筆デッサンを描いてみませんか?

道具の使い方から陰影やカタチの捉え方まで、
最初のレクチャーと制作時の丁寧なアドバイスで
心地よい集中時間へナビゲートいたします(^-^)

今回のモチーフは「自画像」です。
会場のスタジオ・ガスパッチョさんには
壁一面に大きな鏡があるので、それを活用♪
たのしみです!

f0224207_01104355.jpg
↑ これは以前、連続で参加してくださった方の作品。
左~右へ、進化の様子がはっきりと!
首と頭部の立体感が回を追うごとに捉えられてきました。
f0224207_01104324.jpg
↑ こんなふうに、骨格を確かめながら描くといいです。



手を動かすこと、1枚描きあげる喜び、
いつもと違う眼やアタマの使い方の楽しさ、
無心に描いてナゼかリラックスしてしまう集中時間、、
そんなことが味わえるひとときです。

描き終えたあとのわかちあいの時間も
なごやかでとっても楽しいですよ〜(^-^)

経験のある方ももちろんウェルカムです!
みんなで大人の図画工作の時間を楽しみましょう♩


●道具は全てご用意します。手ぶらで気軽にお越しください。

●制作後のお茶とおやつ付き。


ーーー

日 時:2017年5月28日(日) 9:30-12:30

対 象:中学生以上

定 員:8名(先着)

場 所:JR「四ツ谷」駅より徒歩5分程度、スタジオ・ガスパッチョ(詳しくはこちら

参加費:1人 3,000円


◇◇申込み方法◇◇
Eメールにて件名を「5/28参加申込み」として、
●お名前
●年齢(学年)
●複数の場合は人数
●代表者の携帯電話番号
を明記の上、
nijiirotamagonomail★gmail.com(★を@に変える)までお申し込みください。お問い合わせもこちらにどうぞ。

※申込み締切 5/27(土)


◇◇キャンセルポリシー◇◇
前日、当日キャンセルは、キャンセル料として参加費全額を頂戴しております。(銀行振込にて、手数料はご負担ください)ご了承の上、お申し込みください。


ーーー


みなさまのご参加をお待ちしております♩





















[PR]
# by nijiironijiiro | 2017-05-27 17:00 | イベントのおしらせ | Trackback | Comments(0)