ブログトップ
rainbowegg.exblog.jp
昆虫の描き方入門

f0224207_21463863.jpg



昆虫を描くときのポイントがあって、そこを押さえるとワンランクアップします^^
それは、絵を描くときに大事な「よく見る」を手助けしてくれるポイントです。

小学生のみんなには特に読んでほしいな。
図工や理科の時間が楽しくなると思いますよー^^

もちろん大人の方も、ぜひ♩
いきものの構造的なことを改めて知ると「大人のセンス・オブ・ワンダー」が刺激されて、ちょっと豊かな気持ちになれると思います。

昆虫に限らず「なにかをよく見て描いてみる」ということを、ぜひ取り入れてみてください。
きっと暮らしの中にうるおいをもたらしてくれるはずですから^^

四月に行ったスケッチ遠足で、小さな昆虫をスケッチしていた少年に「実はもっとじっくり語りたかった、、!」ということを思い出したので、コチラでじっくり書いてみます^^



どの昆虫にもだいたい共通するところがあります。
本物っぽく描きたいときは、実物をよく見ることと同時に
そういう「どの昆虫にも共通するところ」を思い出して描くことが大切です。


まずは、「肢(あし)」。

チョウ、バッタ、カブトムシ、トンボ、テントウムシ、、、
ぱっと見ると、ぜんぜんちがった姿の昆虫たちですが、この「肢(あし)」のつくりは同じなんです。

f0224207_21464314.jpg


動きがよく見える部分は
大きく三つの部分に分かれていて、
そのつなぎ目のところが曲がるので
「カクっとするところ」がだいたい決まっているんですね。

こういうつくりの「肢(あし)」が6本、
同じ向きではなく
「何かにとまったり、歩いたりしやすい向き」で
左右対称にバランスよく生えています。

この「肢(あし)のつくり」に注意して描いてみると、
同じカラダでもこんなに「昆虫らしさ」が変わってきます。

f0224207_21464397.jpg


ね?違うでしょ??



お次は「つなぎ目」です。

私たち人間のカラダにはありませんが、
昆虫のカラダには「つなぎ目」があります。

この「つなぎ目」をしっかり描いてあげると、
ググッとリアルになってきます。

「肢(あし)」だけでなく、カラダ本体にも「つなぎ目」があります。

そこをよくみて描いてみると、、

f0224207_21464319.jpg


おお、いい感じになった!

いわゆる「節足動物」の仲間の特徴です。
ですので、カニやエビ、クモ、サソリなどの生きものなどを描くときにも、こういうところを描いてあげるのが役立ちます。



あとは、「カラダのつくり」も大切です。

昆虫全体の特徴として
・肢(あし)が6本ある
・触角(しょっかく)や 翅(はねがある
などはみなさんご存知ですよね^^

これらを描いてあげるとだいぶ昆虫らしくなりますが、
さらに!
昆虫らしく描くポイントをお伝えします。

それは

・昆虫のカラダは「頭(あたま)」「胸(むね)」「腹(はら)」の3つに分かれている。(この境目がカラダの「つなぎ目」です)

・脚は6本とも「胸」から生えている。

・羽根も「胸」から生えている。

というところです。
こんな感じ。

f0224207_21464761.jpg


そういうところを意識して描くと、こんなにちがいます。

f0224207_21464725.jpg


どの昆虫にも共通している「カラダのつくり」をしっかりと捉えた上で、
その昆虫らしいところ(ハチのしま模様など)もじっくり観察して描いていきましょう!



絵を描くときは、とにかくその対象をよくみることがとっても大切です。
そして、昆虫のように小さかったり、動き回ったりしてよく見えないものは、こういう「つくり」を知っていると描くのにとても役立ちます。

こんど描くときに、ぜひ思い出してみてくださいね^^

何かをよくみてみる、その細部や構造を知ってみる、というのは本当に面白いです。

それは、いつもと違うアタマの使い方をするひとときなので、
私の経験上ではそういう体験をしたあとの人ってみんな、目がキラキラしています。
大人も子どもも、みんな^^

スケッチ遠足やデッサン、クロッキーの教室に参加してくださった皆さんも、もれなくそんな感じです。
絵を描くために、対象をよーく見て、それを描くために手を動かすからです。

なにかを描くって
「よく見る、知る→目がキラキラする」のきっかけにとっても有効なんですよね。

あ、なんかちゃんとふつうの絵の話になってきましたね(笑)

昆虫に限らず「なにかをよく見て描いてみる」ということを、ぜひ取り入れてみてください。
きっと暮らしの中にうるおいをもたらしてくれるはずですから^^



ではでは、また!

「なにかをよく見て描いてみる」の時間をどうぞ♩
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎人物クロッキーの会 ~”描ける”自分に出会うレッスン~

 6/6(水)11:00~12:30( 90分コース)
 6/6(水) 19:00~21:00( 120分コース)
 6/24(日)16:00~19:00(180分コース)


参加者全員で交代してモデル(着衣)をつとめながら、人のからだ全身をたくさん描いていきます。対象は中学生以上。
初心者も経験者も大歓迎♪

<こんな方にオススメ>
□絵を描いてみたい初心者の方
□絵画・イラスト鑑賞や漫画がお好きな方
□美術系出身の方
□イラストや漫画を描いている方
□ダンスやヨガ、マッサージなどのボディワークをしている方


※これまでの申込方法と違います※
Peatix申込フォームよりチケットをご購入ください。
▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

























[PR]
by nijiironijiiro | 2018-05-30 22:00 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rainbowegg.exblog.jp/tb/29821634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< あの日のタケノコ ~通船堀のほ... 【活動レポ】鉛筆デッサン教室@... >>