ブログトップ
rainbowegg.exblog.jp
タグ:いきもの ( 8 ) タグの人気記事
昆虫の描き方入門

f0224207_21463863.jpg



昆虫を描くときのポイントがあって、そこを押さえるとワンランクアップします^^
それは、絵を描くときに大事な「よく見る」を手助けしてくれるポイントです。

小学生のみんなには特に読んでほしいな。
図工や理科の時間が楽しくなると思いますよー^^

もちろん大人の方も、ぜひ♩
いきものの構造的なことを改めて知ると「大人のセンス・オブ・ワンダー」が刺激されて、ちょっと豊かな気持ちになれると思います。

昆虫に限らず「なにかをよく見て描いてみる」ということを、ぜひ取り入れてみてください。
きっと暮らしの中にうるおいをもたらしてくれるはずですから^^

四月に行ったスケッチ遠足で、小さな昆虫をスケッチしていた少年に「実はもっとじっくり語りたかった、、!」ということを思い出したので、コチラでじっくり書いてみます^^



どの昆虫にもだいたい共通するところがあります。
本物っぽく描きたいときは、実物をよく見ることと同時に
そういう「どの昆虫にも共通するところ」を思い出して描くことが大切です。


まずは、「肢(あし)」。

チョウ、バッタ、カブトムシ、トンボ、テントウムシ、、、
ぱっと見ると、ぜんぜんちがった姿の昆虫たちですが、この「肢(あし)」のつくりは同じなんです。

f0224207_21464314.jpg


動きがよく見える部分は
大きく三つの部分に分かれていて、
そのつなぎ目のところが曲がるので
「カクっとするところ」がだいたい決まっているんですね。

こういうつくりの「肢(あし)」が6本、
同じ向きではなく
「何かにとまったり、歩いたりしやすい向き」で
左右対称にバランスよく生えています。

この「肢(あし)のつくり」に注意して描いてみると、
同じカラダでもこんなに「昆虫らしさ」が変わってきます。

f0224207_21464397.jpg


ね?違うでしょ??



お次は「つなぎ目」です。

私たち人間のカラダにはありませんが、
昆虫のカラダには「つなぎ目」があります。

この「つなぎ目」をしっかり描いてあげると、
ググッとリアルになってきます。

「肢(あし)」だけでなく、カラダ本体にも「つなぎ目」があります。

そこをよくみて描いてみると、、

f0224207_21464319.jpg


おお、いい感じになった!

いわゆる「節足動物」の仲間の特徴です。
ですので、カニやエビ、クモ、サソリなどの生きものなどを描くときにも、こういうところを描いてあげるのが役立ちます。



あとは、「カラダのつくり」も大切です。

昆虫全体の特徴として
・肢(あし)が6本ある
・触角(しょっかく)や 翅(はねがある
などはみなさんご存知ですよね^^

これらを描いてあげるとだいぶ昆虫らしくなりますが、
さらに!
昆虫らしく描くポイントをお伝えします。

それは

・昆虫のカラダは「頭(あたま)」「胸(むね)」「腹(はら)」の3つに分かれている。(この境目がカラダの「つなぎ目」です)

・脚は6本とも「胸」から生えている。

・羽根も「胸」から生えている。

というところです。
こんな感じ。

f0224207_21464761.jpg


そういうところを意識して描くと、こんなにちがいます。

f0224207_21464725.jpg


どの昆虫にも共通している「カラダのつくり」をしっかりと捉えた上で、
その昆虫らしいところ(ハチのしま模様など)もじっくり観察して描いていきましょう!



絵を描くときは、とにかくその対象をよくみることがとっても大切です。
そして、昆虫のように小さかったり、動き回ったりしてよく見えないものは、こういう「つくり」を知っていると描くのにとても役立ちます。

こんど描くときに、ぜひ思い出してみてくださいね^^

何かをよくみてみる、その細部や構造を知ってみる、というのは本当に面白いです。

それは、いつもと違うアタマの使い方をするひとときなので、
私の経験上ではそういう体験をしたあとの人ってみんな、目がキラキラしています。
大人も子どもも、みんな^^

スケッチ遠足やデッサン、クロッキーの教室に参加してくださった皆さんも、もれなくそんな感じです。
絵を描くために、対象をよーく見て、それを描くために手を動かすからです。

なにかを描くって
「よく見る、知る→目がキラキラする」のきっかけにとっても有効なんですよね。

あ、なんかちゃんとふつうの絵の話になってきましたね(笑)

昆虫に限らず「なにかをよく見て描いてみる」ということを、ぜひ取り入れてみてください。
きっと暮らしの中にうるおいをもたらしてくれるはずですから^^



ではでは、また!

「なにかをよく見て描いてみる」の時間をどうぞ♩
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎人物クロッキーの会 ~”描ける”自分に出会うレッスン~

 6/6(水)11:00~12:30( 90分コース)
 6/6(水) 19:00~21:00( 120分コース)
 6/24(日)16:00~19:00(180分コース)


参加者全員で交代してモデル(着衣)をつとめながら、人のからだ全身をたくさん描いていきます。対象は中学生以上。
初心者も経験者も大歓迎♪

<こんな方にオススメ>
□絵を描いてみたい初心者の方
□絵画・イラスト鑑賞や漫画がお好きな方
□美術系出身の方
□イラストや漫画を描いている方
□ダンスやヨガ、マッサージなどのボディワークをしている方


※これまでの申込方法と違います※
Peatix申込フォームよりチケットをご購入ください。
▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

























[PR]
by nijiironijiiro | 2018-05-30 22:00 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
いまステキなオレンジ色
すばらしい季節がやってきましたね!
一歩外に出れば鮮やかな秋の色合いがたくさんで、うれしくなっちゃいます^^

わたしが近くでみつけた、自然のステキなオレンジ色をご紹介します。



f0224207_13034961.jpg

キバナコスモスにとまるツマグロヒョウモン。
お食事中だね^^

↓webからのキャプチャ。↓
f0224207_13033732.jpg
翅を閉じているところしか撮れなかったのですが、開くとこんなチョウチョ。
いまたくさん飛んでいるので、見かけることも多いと思います。オスとメスで模様が違います。
(出典:<蝶の写真館>より)

ひらひらと舞う姿はあでやかな着物を着たおじょうさん、、といった感じでなんだか目を奪われます。キレイだね!
秋の青空にもよく映えます^^

キバナコスモスのオレンジ色もキレイ^^



f0224207_13023452.jpg
カントウヨメナにとまるベニシジミ。
こちらもお食事中^^
さっきのツマグロヒョウモンはモンシロチョウよりちょい大きめで、こちらは半分以下の小さなチョウチョです。

↓こちらもwebからのキャプチャ。↓
f0224207_13023866.jpg
翅を閉じて、横から見たらこんな色合い。
チョウチョの翅って、拡げたときと閉じたときの表情の違いが面白いですよね。
は~、ステキ^^



f0224207_13030939.jpg
マリーゴールド。
花壇でおなじみですよね^^
まぶしくって元気になるオレンジ色!

若かりしころは、おばちゃんくさい花壇の定番、、とタカをくくっていたんですが(←何様?)、いやいやなかなかどうして美しい。
今は、鳥の羽のような葉っぱもあいまって、とってもステキだと感じます。



これは、キレイだけじゃなくてちょっと強面の、、
f0224207_13032562.jpg
赤いコーンで目印されている樹の幹にとまっているのは、スズメバチです。
近寄れないので遠巻きに写真を撮ったんですが、、白くなっているところの右側に何匹かいるのがわかりますか??
ほかにも蝶やアブ?の仲間が樹液を吸いに集まっていました。

↓webからのキャプチャ。↓
f0224207_13033256.jpg
いやあ、悪そうな強そうなカオしてますね(笑)
オレンジ色もこげ茶色もとても美しいですが、この造形にこの模様で、、、見た目、こわすぎです(笑)!

蜂の身体って、自分を「危険だぜ!」と目立たせることで身を守るためにこんな色合いをしているといいますが、ほんと大成功ですよね。人間だけじゃなく、ほかの生き物もそう感じるというのですからスゴイことです。

※やみくもに怖がって攻撃する必要も無いですが、刺されたら大変なので、見かけたらとにかくそっとすばやく離れること。あとは、この時期彼らがいそうなところに出かけるときは、香水や整髪料など香りの強いものは身につけない、、というのがポイントです。



さて、最後は、、
f0224207_13024559.jpg
キンモクセイ。
色だけじゃなく、香りでまちを彩ってくれてます^^
「あ、今年もキンモクセイ咲いたな」って気付くのは、だいたい香りからですよね。

子どものころ、まるで砂糖菓子のような、、小さいこのお花の形状が、、
もうもう、どうにも好きでたまらなくて、
花だけむしって、小さなビンにいっぱいつめて悦に入っておりましたら、、
結構すぐに茶色くドロドロになってしまって、ガッカリした思い出があります。
生花のはかなさを知った一件でしたねえ(笑)



あー、自然のものってほんとにキレイだな!
ちょっぴりですが、こうしてご紹介できてとてもうれしいです。
読んでくださってありがとうございます^^

ではでは、また!


お外のステキ、スケッチ遠足で一緒に描いてみませんか?
↓ ↓ ↓


◆◆◆◆募集中のイベント◆◆◆◆

◎スケッチ遠足@東浦和
 11/12(日) 10:00~14:30くらい

 毎回とっても楽しい♡
 自然に触れて絵を描くひとときです。

▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎みんなで人体クロッキーの会@四ツ谷
 11/19(日) 9:30-12:30

 参加者全員で交代してモデル(着衣)を
 つとめながら、人のからだ全身を
 たくさん描いていきます。


▼▼詳細・お申込はこちらから▼▼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆























More
[PR]
by nijiironijiiro | 2017-10-12 14:14 | つれづれ | Trackback | Comments(0)
【活動レポート】2014年5月17日 いきもの探し&スケッチとデッサンミニレッスン

f0224207_11530948.jpg
f0224207_11543698.jpg

美味しいコーヒーやランチが好評のおうちカフェ タマコチさんでの月イチ
ワークショップ「タマコチ美術クラブ」、5月は「いきもの探し&スケッチ」を実施しました。

ぐんぐんと緑が育つ季節、公園ではいきものたちもにぎやかです。
芝生と池で、網を使っていろんないきものを採取して、それらをよく観てスケッチしました。

f0224207_11524730.jpg
f0224207_11533282.jpg
f0224207_11535498.jpg

この日見られたいきものたちは、、、

●ナミアゲハ
●クロアゲハ
●アオスジアゲハ
●ゴマダラチョウ(?)
●シオカラトンボ
●アメンボ
●セイヨウミツバチ
●ホソヒラタアブ
●そのほかちいさなアブのなかま
●ツチイナゴ
●ツユムシのなかまの赤ちゃん
●ゾウムシのなかま
●チャバネアオカメムシ
●スジエビ
●メダカ
●クチボソ
●コイ
●ハシボソガラス
●シジュウカラ
●ムクドリ
●キジバト

などでした。
他にも見分けがつかないようなちいさな虫たちも網に入り、一時間足らずでこんなにたくさんのいきものに出会うことができました!


みんなのスケッチです。

アメンボ。
f0224207_11582942.jpg

スジエビ。
f0224207_11585843.jpg
f0224207_11592233.jpg

メダカ、アリ、ゾウムシ。
f0224207_11594730.jpg
f0224207_12000061.jpg

ハチ、アブのなかま。
f0224207_12003273.jpg

カメムシ。
f0224207_12005050.jpg

子どもも大人も夢中になって、スケッチもたくさんできました♪
これからも、時期によっていろいろないきものに出会える事でしょう。またぜひ、探してスケッチしてみてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後からは、店内のワンテーブルでデッサンのミニレッスンを行いました。
今回は中学1年生の参加☆
f0224207_12391570.jpg
お店のコーヒーカップをお借りしてモチーフに。
f0224207_12392569.jpg
初めてとは思えないすばらしい出来ばえ!


次回は、6/28(土)14:00より実施いたします。
モチーフは「自分の顔」!
鏡を見て、骨格を感じながら描いていきましょう。

料金は参加費+お店メニューのワンオーダーです。
ご興味のある方は、カフェタマコチさんへ直接お問合せください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タマコチさんのブログでも、当日の様子をレポートしてくださっています♪
どうぞこちらからもごらんください。


ご参加くださったみなさん、タマコチのみなさん、
どうもありがとうございました!!











[PR]
by nijiironijiiro | 2014-05-21 12:46 | 活動レポート | Trackback | Comments(0)
2014年5月17日 いきもの探し&スケッチ
f0224207_21012137.jpg
コーヒーの美味しいおうちカフェ タマコチさんでの月イチワークショップ♪


タマコチ美術クラブ
「いきもの探し&スケッチ」

カフェからちょっと足をのばして、

公園でいきもの採取とスケッチをします。

どんないきものに出会えるかな?

絵の道具はすべてご用意いたします。
お気軽にご参加ください!



2014年5月17日(土)
9:30~12:00

対 象:どなたでも

    (小学校3年生以下のお子様は保護者の参加が必要です)
    (大人のみの参加も大歓迎!)

定 員:10名(先着)

場 所:◎岩槻城址公園
     埼玉県さいたま市岩槻区太田3-4
    
    ◎おうちカフェ タマコチ
     さいたま市岩槻区仲町1-9-20
     tel 048-757-1112
    11:00~19:00 OPEN (水曜定休)

参加費:おとな/1人1500円 + お店メニューをワンオーダー
     小学生/1人600円 + お店メニューをワンオーダー
     3才以下/無料 + お店メニューをワンオーダー

<タイムスケジュール>
 9:30・・・岩槻公園
       芝生のトーテムポールのところに集合
       採取場所や方法の説明

       生きもの探し開始

10:45・・・スケッチ

11:30・・・いったん解散

11:45・・・カフェ タマコチに集合
       ミニミニ発表会

12:00・・・タマコチのおいしいメニューをどうぞ


<持ち物>
敷物、水筒(飲料)、よごれてもよい動きやすい服装、

虫取り網や透明な飼育ケースなど、採取に使いたい道具(あれば)
帽子、雨具、防寒具(必要に応じて)


※雨天時の予定※
雨天時は11:00より、カフェ店内で「水彩えのぐで遊ぼう!」を実施します。その場合、参加費はお一人様1,000円(小学生は600円)+お店のメニューワンオーダーです。
当日朝7:00の時点で判断し、こちらのブログにてアナウンスいたします。参加される方は、お手数ですがご確認をおねがいいたします。


申込み:おうちカフェ タマコチさんにお問合せいただくか、
     e-mailにて件名を【5/17参加申込み】として、
     ●参加者全員のお名前(ふりがな)と年齢(学年)
     ●代表者の名前と連絡先(e-mailアドレス)
     を明記の上、nijiironijiiro@excite.co.jpへお申込み下さい。
     ※申込み締め切り 2014年5/15(木)


みなさまのご参加をおまちしています♪














[PR]
by nijiironijiiro | 2014-05-08 21:13 | イベントのおしらせ | Trackback | Comments(0)
【活動レポート】 2011年8月17日 出張授業
2011年8月17日、美術教室アートサイズ精心幼稚園教室の
園児クラスと小学生クラスで出張授業を行いました。

今回はアズマヒキガエルのスケッチ!
どんな身体のつくり?何を食べて、どんなところに住むの?
そんなお話をしながら、よくみて、ふれて、
ひょこひょこと動き回るカエルをじっくりと描いてみました。



園児クラス。
アズマヒキガエルとご対面!!
f0224207_21533426.jpg
f0224207_21535191.jpg


f0224207_2154535.jpg
「けっこうかわいい」


f0224207_2155776.jpg


f0224207_21552885.jpg
「脚がまがってる!むずかしい~」
f0224207_21554652.jpg
うごいてる感じがよく出てる!



こちらがアズマヒキガエル。
f0224207_2156553.jpg




小学生クラス。
アズマヒキガエルとご対面、ちょっと引き気味の子も。。
f0224207_21561833.jpg


でも、もう大丈夫!
f0224207_2156316.jpg


f0224207_21565121.jpg
とってもよく描けてる!



みなさん、本当に集中してお話を聞いたり観察をしてくれて
とても密度の濃いスケッチの時間となりました。
やっぱり、ホンモノの生き物の持つ魅力は偉大です。

アートサイズのみなさま、ヒキガエルの採取をお手伝いくださったみなさま、ありがとうございました!




今回お邪魔した美術教室アートサイズは、
幼稚園児~小学生を対象に多摩地域や都内で展開している教室です。


◆◆
出張授業についてはこちらをご覧くださいませ。
[PR]
by nijiironijiiro | 2011-08-17 23:23 | 活動レポート | Trackback | Comments(0)
【活動レポート】 2010年8月18日 出張授業 
2010年8月18日、美術教室「アートサイズ」精心幼稚園教室にて
園児クラスと小学生クラスで出張授業を行いました。

今回は生徒の皆さんに
「バッタの仲間を捕まえて持ってくる」
という宿題を出して、
みなさんが持ってきたバッタをモチーフに絵を描きました。



園児クラスでは、みんなの持ってきたバッタを見せ合い、
「どこでつかまえた?」
「なにを食べるんだろう?」
「お口はどこにある?」
などなど、バッタのお話からスタートして、各自制作開始。

昆虫大好きさんも、ちょっと苦手さんもこのとおり!
f0224207_16105071.jpg

素敵な作品ができあがりました。

ちいさな体でよく動くバッタを描くのは少し難しかったかな?
でも、みなさん元気なバッタが描けていましたよ。



小学生クラスでは少し趣向を変えて、
制作過程に「観察」だけでなく「イメージング」も加えました。

生徒の皆さんに目をつぶってもらって、

「あなたは気持ちのいい草むらに住むバッタです。
 おいしそうな草が生い茂り、
 なかまのバッタたちが鳴く声も聞こえています。
 時間は夕方、お日様が沈んでいくのがみえています・・・」

というふうに語りかけ、情景を想像してもらうのです。
そして、その風景を絵に描いてもらいました。

f0224207_1611967.jpg

f0224207_16175565.jpg

f0224207_1618078.jpg


真っ赤な夕日を描いた子、
みどりゆたかな草原を描いた子、
葉っぱの裏側を描く(バッタは葉の陰にいるから)のに苦心していた子、、

それぞれが思い描いた情景を、生き生きと描いていました。

教室終了後、お迎えに来た保護者の方が
できあがった作品を見て
「ああ、ものがたりが描いてあるのね」
と、つぶやかれていたのが印象的でした。



ちなみに今回、バッタの採集ができなかった生徒さんのために
私も10匹ほど近所の草むらやあぜ道やらでバッタを捕まえました。
ショウリョウバッタ、イナゴのなかま、オンブバッタ、
トノサマバッタにクルマバッタ、
そのほか種類のわからない幼生のちいさなものたち、、、
ちょっとした草むらに、こんなにもたくさんのバッタの仲間が!

バッタだけでなく、カマキリやセセリチョウなどの昆虫、
カナヘビというトカゲやアオサギという大きな鳥など
さまざまな種類の生きものをみつけました。
(写真は撮れませんでした。。)

いつか、こんな活発な生きものの気配のある草むらで
野外教室をしたいなあ。
こういう時期って暑いんですけどね。

小学生クラスでおこなったイメージングは、
プロジェクトワイルドの「ストーム」というプログラムを参考に
私なりにアレンジをして実施しました。



今回お邪魔した「美術教室アートサイズ」は、
幼稚園児~小学生を対象に多摩地域や都内で展開している教室です。
今年度からオープンの東北沢教室も好評開催中です。


◆◆
出張授業についてはこちらをご覧くださいませ。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下広告、にじいろたまごとは関係ありません)
[PR]
by nijiironijiiro | 2010-10-11 16:59 | 活動レポート | Trackback | Comments(0)
【活動レポート】 2010年3月24日 出張授業
2010年3月24日、美術教室「アート・サイズ」にて
出張授業を行いました。
近くの小さなお山へ遠足に行く予定だったのですが、
あいにくの天気のため、室内でのプログラム実施となりました。
テーマは土の中のいきもののおはなし、観察&スケッチ。



絵画教室「アトリエ・アート・サイズ」は、
幼稚園年中~小学生を対象とした教室です。
幼稚園児のクラスと小学生のクラスに分かれており、
今回は園児クラスでプログラムを実施しました。



私が家を出るときは降っていなかったのですが、
みなさんの集合時間の頃には・・・
じゃんじゃんと降ってきてしまいました。残念!!
f0224207_13191173.jpg


さて、気をとりなおしてごあいさつ。
アート・サイズ 池田先生からの
「今日行けなかったお山に届くくらい、
みんなで元気にごあいさつしましょう!せーの・・・」
という呼びかけに

「こんにちは~~~~~~~~!!!!!!」

思わず耳をふさいでしまうくらい大きな声で
ごあいさつしてくれました!
f0224207_1320448.jpg



今回は、雨天時用に用意しておいたモチーフ、
「土の中のいきもの」を探して、観察して、描くことに。
実は、遠足の下見に行ったとき、
お山からほんの少し、土などを頂いてきていたのです。
(土や生き物は、終わったらお山に戻します)

「土の中にすんでいる生き物、何か知っている?」
「ミミズやダンゴムシって何を食べていると思う?」
「じゃあ、落ち葉を穴ぼこだらけにするのはだあれ?」
などなど
お話をしつつ、土をひろげて生き物さがし。
まずはお手本。よくみていてね!
f0224207_13203299.jpg



見つけたミミズをガラスの上に乗せて、
動き方を観察。
f0224207_1321026.jpg


そのほか、
ダンゴムシの体の模様の正体は・・・?
もっと小さいものは?などを調べました。


それでは、各テーブルに観察セットを配って
先生たちと一緒に調査を開始!
f0224207_13212764.jpg



観察アイテム、虫めがねの使い方もバッチリ練習!
f0224207_13215623.jpg


見つけた生き物をカップに入れて、よく観て描いてみよう!
f0224207_13224940.jpg

f0224207_13232747.jpg





小さめの紙に、見つけたいきものをひとつずつ描いて、
土の色をした大きな紙に貼っていったら・・・
f0224207_1351442.jpg

図鑑の完成です!
f0224207_13522484.jpg





この日みんなが見つけたのは、
ミミズ、ミミズの赤ちゃん、ダンゴムシ、
ムカデの赤ちゃん、ヤスデ、アリなどの生き物でした。

「おもしろかった」
「(普段は)お山にあんまり遊びにいかないけど、
こんど、いきものを見つけにいってみる!」
などの声がきかれました。
土の中の生き物たちはみんなの好奇心をキャッチしたようです。
そういえば、最初は虫が怖くて近寄れなかったあの子も
いつのまにかしっかり図鑑ができていました!!



遠足の用意をホールに広げて、お弁当とおやつタイム。
f0224207_1354428.jpg




雨にもめげず、みんなで楽しく制作ができました。
みなさんとおはなしや観察ができて、私もとっても楽しかったです。
また今度、お天気のときに一緒に遠足できるといいね!

アトリエ・アート・サイズのみなさま、どうもありがとうございました!








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下広告、にじいろたまごとは関係ありません)
[PR]
by nijiironijiiro | 2010-03-28 03:09 | 活動レポート | Trackback | Comments(4)
【活動レポート】 2009年8月26日 出張授業
2009年8月26日、美術教室「アート・サイズ」にて
出張授業を行いました。
テーマはアメリカザリガニのおはなし、観察&スケッチ。
プログラム実施の様子です。



美術教室「アート・サイズ」は、
幼稚園年中~小学生を対象とした教室です。
幼稚園児のクラスと小学生のクラスに分かれており、
それぞれでプログラムを実施しました。



園児クラスにて。
まずは実物を見る前に、
本日のモチーフ「アメリカザリガニ」についてみんなにクイズ。

「ザリガニって何を食べていると思う?」
「はさみはいくつあると思う?」
「じゃあ、脚はいくつ?」
などなど。

みんな元気よく答えてくれました。
f0224207_23393066.jpg


ひととおりクイズで想像したら、
今度は本物のアメリカザリガニをよくみて確かめてみよう!
f0224207_23402536.jpg

最初から触る気満々の子も、ちょっと怖がっていた子も興味津々。
みんなで脚の数を数えたり、かたーい背中を触ったりしました。
f0224207_23405776.jpg


クイズの答え合わせと体の特徴などを観察したら、
いよいよ制作タイムです。
各グループにザリガニを置いて、制作スタート!
f0224207_23414718.jpg

f0224207_23421899.jpg


出来上がった作品は、どれも力作ぞろい。
「動くから難しかったけど、たのしかった!」
「ザリガニの口のところが動いてた!」
「脚がいっぱいあってたいへんだったけど、がんばった」
などの声がきかれ、みんな集中して観察とスケッチができたようです。



小学生クラスにて。
プログラムの流れはだいたい同じですが、
おはなしでは外来種問題、無脊椎動物と脊椎動物についても触れ、
アメリカザリガニという生き物をより理解して制作に臨めるようにしました。

さすが小学生のお兄さん、お姉さん。
集中力も表現力もすばらしいです!
f0224207_23425089.jpg

f0224207_23431743.jpg

f0224207_23434486.jpg




どちらのクラスも、みんな集中して観察とスケッチをしてくれました。
また、おはなしの中で出てきたザリガニの食べ物や住処を描きこんで
「ザリガニが居心地のいい絵」を描いてくれた子も。
みなさんとおはなしや観察ができて、本当によかったなと思いました。

アトリエ・アート・サイズのみなさま、どうもありがとうございました!









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下広告、にじいろたまごとは関係ありません)
[PR]
by nijiironijiiro | 2010-03-11 03:09 | 活動レポート | Trackback | Comments(2)